レイクの利用限度額は人によって違う

レイクでお金を借りることができる金額というのは、人によって異なります。

借りることのできる金額を利用限度額と呼ぶのですが、利用限度額は審査によって決められます。

これは返済可能性によって変化すると考えておきましょう。

レイクは、お金を貸し付けることで利益を得ていますから、きちんと返済ができる人に対しては積極的に貸し付けを行います。

返済ができない人にはあまり貸し付けを行わないのです。

例えば、年収が250万円くらいの人に、500万円を貸し付けるというのは、どう考えても無理があるでしょう。

年収によって返済可能性は異なってきます。

返済できるだろうと予想される金額しか、レイクは貸付を行わないのです。

ですから、レイクを利用して100万円しか借りることができない人もいれば、200万円を借りることができる人もいます。

なお、レイクは銀行ですから、貸し金業法で定められている総量規制によって限度額が変わることはありません。